腱鞘炎 薬

薬剤は副作用が心配

腱鞘炎になってしまった場合、湿布や軟膏のほかに、飲み薬が出されることがしばしばあります。

 

 

たとえば、ロキソニンとマーズレンES錠などのように、消炎作用と鎮痛作用のあるものと同時に胃薬が出されます。

 

 

ロキソニンなどは強い薬ですので、胃が荒れてしまいます。

 

 

それを抑えるために胃薬も出されるんですね。

 

 

これらの薬は腱鞘炎を根本的に治すものではありませんので、とりあえず、これで痛みを抑えながら、安静にして、自然に良くなるのを待つという治療法でしょう。

 

 

初期の段階であれば、自然治癒力を高めることも考えて、腱鞘炎に効く漢方を探してみるのもいう手もあります。

 

 

それでも経過がおもわしくなく、腱鞘炎がひどい状態になりますと、ステロイド剤を直接腱鞘部分に打つことになります。

 

 

効果は劇的ですが、ステロイド剤の副作用を考えると、多用は避けねばならず、難しいところです。

 

 

糖尿病など、別の病気を併発している人にも使いづらいですしね。

 

 

ただ、腱鞘炎が慢性化していまい、安静にしていなかればならない期間がずるずると続いてしまいますと、どうしても筋力が落ちてしまいます。

 

 

筋力が落ちてしまう弊害を考えると、早期のうちに、ステロイド剤を打つ、それでもダメなら、手術をするという処置をとった方がいい場合もあります。

 

 

いかなる薬剤を使う場合でも、なにかしら副作用が出たらすぐに医師に相談し、効果と副作用の説明を医師からよく聞いたうえで、治療方針を決めた方がいいでしょう。

 

関連エントリー一覧


 
Copyright (C) 2010 腱鞘炎の治療 〜自宅で5分で治す方法〜 All Rights Reserved.